オンラインカジノで違法となるケース

オンラインカジノは海外ですべてのサービスが提供されていますし、そのように認識してプレイしていることが多いのですが、稀に国内で行われているものがあります。国内に置かれていることは、それは違法扱いになっても仕方ないことです。警察だって海外のサービスまで把握することは出来ませんので、国内のサービスと分かれば容赦なく逮捕してくるのです。

警察

国内で運営が行われていれば違法

提供されているオンラインカジノは、海外で提供されていることがわかるよう、ライセンスを確認できるようにしています。このライセンスを見て、本当に海外で行われているサービスなんだと思っていれば、基本的に問題はありません。日本の警察は海外のサービスまで辿って把握することはかなり厳しく、しかも労力が相当かかってしまうこともあり面倒に感じ、対応していないことが多いのです。
これにより海外でサービスが行われている場合は、基本的に合法に近い扱いとなり、グレーゾーンという見方をすることが出来ます。一方で何らかのサービスが国内で実施されていることは違法になり、警察も把握した瞬間に逮捕することが出来ると思っているので、これは普通に逮捕されてしまいます。

支社が置かれていることもあるので注意

本来大手のオンラインカジノは、支社を設けていることは殆どありません。仮に設けていたとしても、それはカジノを利用することが出来る国におくこととなり、違法とされている国で置くことはありません。逮捕されてしまう場合として、違法となっている国内に何らかのサービスが置かれている可能性がある、もしくは国内のサービスを利用して運営されていることがわかっているケースです。
このような場合、違法とされているサービスを国内で利用していることで、違法と認定することができます。海外にサーバーがあるケースでも、国内で起こっていることは日本の法律で対応できるとされるので、これは逮捕されます。

安心して使うならライセンスの確認を

違法になりやすいオンラインカジノは、そもそもライセンスを持っていないことがあり、隠していることも多々あります。本当に安心して使いたいと思っているなら、ライセンスを確認した上でプレイするといいです。
これならプレイをする時に問題が起こりづらくなっていますし、場合によってはライセンスの信頼度を確認して、このオンラインカジノはグレーゾーン扱いでプレイし続けることが出来ると判断できます。